小手先の方法よりも大切なこと

作文の下手な生徒がいる。小手先の上達法を教えても一向に上達しない。

要因は、「文章が下手」以前に「自分の気持ちを上手に表現できない」ことにある、と考えた。そこで荒療治に出ることにした。

数名の作文力の乏しい生徒にある課題を課した。

それは、塾での休み時間に全員の生徒とコミュニケーションを取ること。

「男女・中学を問わず、片っ端から色んな生徒に話しかけて会話をしなさい。そんなことではアルバイトもできない。社会に出てから良好な人間関係も築けないぞ」

 

何も生徒をいじめているわけではない。

私は、「目の前のテストの点数が上がればいいわい」といった感覚で生徒には接していない。

余計なお世話だが、入塾の面談の際に、「この子は甘やかされて育ったな」「この子は将来苦労するだろうな」など、その生徒が5年後・10年後にどうなるのか?まで考えてしまう。サラリーマン講師でない同業者の方ならお分かりいただけると思う。

 

様子を見ていると、会話の節々に「助詞」や「目的語」がなく相手に自分の意図が伝わっていない。それを逐一指摘して、作文に反映させた。さらに、周りの生徒たちも彼らと一緒に会話を楽しんでいる。今、通塾していえる生徒はほとんどが開校1~2年目に入塾してきた。この一体感は前職時代には味わうことができなかった。

 

そして、彼らの作文も少しずつではあるが、改善のきざしが見られてきた。

あくまでも頑張るのは生徒。

高校入試まであと数か月、全力でサポートします。そしてその先も責任を持って指導させていただきます。

生徒には常に本音で

授業中に科目の内容とは別に何を話すか、頭を悩ませる講師は多い。当塾も、生徒は部活等で疲れた状態で塾にやって来るので、数分に1回は笑いを混ぜるようにしている。

一般的には、ネットや雑学本で情報を仕入れて、それをドヤ顔で話すのが定跡だ。

しかし、当塾ではいわゆる「やる気鼓舞」や「夢を語る」などと言った話はしない、いや、できない。理由は簡単。私は、そんな偉い人間ではないからだ。高校は中退、大学は「かっこいい」という不純な動機で選び、できる仕事が何もないから塾講師になったような人間には、口が裂けてもそんなことは言えない。

一貫しているのは、生徒には本音で接するということ。話すのは、講師自らの体験談のみである。特に失敗談はウケがいい。彼らにとっては、こういう大人がもの珍しいのだろう。

私の場合、人生で3回ニートを経験しているが、無職時代のダメ人間振りを話すと大抵、教室の温度は一気に温かくなる。33歳で無職だったこと、一日中マンガ喫茶で時間をつぶしていたこと、お金がなくなるとコンビニの駐車場でひたすら寝ていたこと、塾を開校したその日に車のタイヤが走行中に外れたこと…

「頼むからこんな大人にならないでくれよ」といつも言っている。ただし、これには意図がある。

なぜなら自分自身が裸にならないと、相手も裸になってはくれないからである。教務力とこれらが合わさって、確固たる信頼関係を築くことができると確信している。だから、「体験記」に掲載されている内容は、全て生徒の本音の部分なのである。

昨年、ある生徒からこう言われた。「大人は言っていることがコロコロ変わるけれど、ここの塾の先生は絶対にブレない。だからついて行く」

これからも生徒には「本音」で接していこうと思う。綺麗事は絶対に言わない。

日報について

集会所① 集会所②

考学館各務原校も皆様方のおかげで開校4年目を迎えることができました。しかし、ここまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。

まだ場所すら無かった集会所の頃、生徒がまったくいなかった頃、一人で校舎を運営していた最初の2年間etc.今回、HPの作成にあたり、色々なことを思い出します。

どこの馬の骨とも分からないような塾に、大切なお子様を預けていただいた保護者の皆様には感謝の言葉しかありません。
今後も、講師一同、今まで以上のサーヴィスを提供していきますので、よろしくお願いいたします。

この「日報」では日頃の塾での様子・講師の伝えたいことや実際に授業内で生徒の皆さんにお話しした内容を随時掲載していきます。したがって、「熱い教育論」や「ヤル気を起こさせる話」はお伝えできません。その代わり、我々講師の「メッキ」ではない「本物」の体験談等を少しでもお伝えできれば、と思います。ご期待下さい。